石蔵ブックカフェ

南さつま市加世田・万世の「丁子屋石蔵」にて毎月第4土曜日に開催。

 

つばめ文庫による古本の出張販売。珈琲も飲めます。

本を買うだけ、珈琲を飲むだけ、ただ見るだけでも構いません。

 

どうぞお気軽にお入りください。

 

ブログ

ご紹介

「石蔵ブックカフェ」は、鹿児島市の「つばめ文庫」と南さつま市の「南薩の田舎暮らし」のコラボ企画です。

月に1回、第4土曜日に老舗お醤油やさん「丁子屋」さんの素晴らしい石蔵をお借りして、古本の出張販売およびカフェの営業をしています。

>>メディアでも紹介されました!

「石蔵ブックカフェ」にお越しの際は、ぜひ丁子屋さん本店にもお立寄りください。「なごみ酢」はマストアイテムですよ!

丁子屋さんのご紹介へ

古本全般を扱っていますが、特に最近は郷土史(誌)に力を入れています。出張販売では様々なジャンルを持参します。月替わりの特集も組んでいますので、毎月違った展開と雰囲気をお楽しみください。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

南さつま市大浦町で、農業をしながら季節のコンフィチュールを作ったりお菓子を焼いたりしています。

大の本好き。珈琲の他、自家製ドリンクもご提供いたします。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
もっと見る
 

本について

本棚は基本的に、3部構成です。
毎回、2つの特集と「定番」コーナーを設けます。

※11月の特集は定めていません

2019年11月は出張版として会場を「南九州市市民交流センターひまわり館」にて行い、毎回の「つばめ文庫」に加えて古本屋「ブックスパーチ」も本を販売します。そのため特集を定めませんのでご承知おき下さい。(2019年11月)

定番特集「郷土」

地元・南さつまをはじめ、南薩地域、そして県内一円について書かれた本や地図などの紙モノを展示販売。歴史、民俗、文化など多岐の分野に渡って展開します。

定番コーナー

こちらは特集に入らない他ジャンルをまとめてずらっと並べます。特集ではないので目立たないかもしれませんが、珍しい本も眠っているかもしれませんよ?! お見逃しなく!

 

本のリクエスト

石蔵ブックカフェでは、持参する本へのリクエストを受け付けております。
といっても、リクエストされた本が在庫にあるとは限りませんので、その点はご理解下さい。
リクエストは開催日の2日前までにご連絡ください。

 

石蔵アカデミア

石蔵アカデミアは、石蔵ブックカフェに合わせて開催する気軽な知識の交換の場です。
 

いろいろな方に講師になっていただき、手芸から学術まで気ままに開催したいと思っています。あなたも石蔵アカデミアで話してみませんか?

>>これまでの「石蔵アカデミア」

※第8〜11回は、「石蔵アカデミア with Tech Garden Salon」として出張版で開催します(会場:南九州市市民交流センターひまわり館)
詳しくはこちら→11月22日−23日、出張版石蔵ブックカフェで石蔵アカデミア4回やります!
第8回 13世紀前半の薩摩

鎌倉時代の終わりから南北朝時代の中盤は、現代に繋がる文化の多くが産まれた面白い時代です。薩摩・大隅では土地支配を巡って裁判や合戦が頻発し、武士たちは京都や北陸、関東まで奔走しました。島津氏に敵対し「南方凶徒」と呼ばれた南薩の豪族の動向を中心にお話します。

話 者:新地 浩一郎(南九州市教育委員会)

日 時:11月22日(金)10:30〜11:30

場 所:南九州市市民交流センターひまわり館

申 込:不要

参加費:200円(中学生以下無料)

第9回 鹿児島の日羅伝説

坊津の一乗院や鹿児島市の慈眼寺を開基し、また金峰山に蔵王権現を勧請、磯間嶽を開山したともいわれる百済の「日羅」。しかしその伝説は事実ではありえません。では日羅伝説は荒唐無稽な作り話なのでしょうか? 鹿児島に数々の伝説を残す日羅とは何者なのでしょうか?

話 者:窪 壮一朗(南薩の田舎暮らし 代表)

日 時:11月22日(金)13:30〜14:30

場 所:南九州市市民交流センターひまわり館

申 込:不要

参加費:200円(中学生以下無料)

【注意!】各所で配布しているチラシでは「歩けば増える、好きな建物・まち並み」(永留 純一)となっておりますが、諸事情により内容が変更になりましたのでご了承ください。

第10回 「計算」って何だろう?

私は大学の副学長をしていますが、実は「計算世界観」の伝道師でもあります。「計算」のありがたみ、面白さ、不思議さを皆さんに伝えているのです。いま、世の中にはコンピュータが満ち溢れています。なぜでしょう? それは、「情報」というモヤっとしたものが、「計算」によって形を持ち、見ることができ、使うことができるようになってきたからです。じゃあ、「計算」って何でしょう。そんなところから、「計算」を探求してる人たちの話まで、いろいろと脱線しながら、お話させてください。

講 師:渡辺 治(東京工業大学 理事・副学長)

日 時:11月23日(土)10:30〜11:30

場 所:南九州市市民交流センターひまわり館

申 込:不要

参加費:無料

<講師プロフィール>
1980    東京工業大学 理学部 情報科学科 卒業
1982    東京工業大学 大学院理工学研究科 情報科学専攻、修士課程 修了、同博士後期課程 退学
1982    東京工業大学 理学部 助手
1986    東京工業大学 工学部 助手
1987    カリフォルニア大学 サンタバーバラ校キー・ファン客員助教授
1990    東京工業大学 工学部 助教授
1997    東京工業大学 大学院情報理工学研究科 教授
2016    東京工業大学 情報理工学院 教授、情報理工学院長 兼務
2018    東京工業大学 理事・副学長(研究担当)(現職)

★本講座は、Tech Garden Salonとのコラボ開催です。
Tech Garden Salonは、「アートやカルチャーを楽しむようにテクノロジー楽しむ」をコンセプトに蔵前工業会鹿児島県支部が開催してきた一般向け講演会です。同支部の協賛により本講座は無料です。

第11回 星空観察を語る

人間はもちろん、地球という惑星も星からのおくりものです。我々の故郷である宇宙を観察するには、先ず星空を眺めることから始めます。身近な宇宙を少しだけでも知れば、星空を、自分をもっと楽しむことができます。

話 者:松元 省平(写真家)

日 時:11月23日(土)13:30〜14:30

場 所:南九州市市民交流センターひまわり館

申 込:不要

参加費:200円(中学生以下無料)

 

Reading Salon

Reading Salonは、読書専用スペースです。

≫紹介ブログ記事「南薩で唯一の自習室「Reading Salon」あります


忙しい日々の中で、ジックリ読書に集中する時間も場所も、なかなか見つけられないという方は多いのではないでしょうか。そこで「石蔵ブックカフェ」では、読書をするためだけの場所をつくりました。

 

カフェとは別の石蔵(喜八蔵)がReading Salonです。ただし同じ場所で「石蔵アカデミア」を開催するのでその時間帯(概ね13:30〜15:00)は利用ができません。ご利用の際は1オーダーお願いします。


皆さんが読書に集中できるよう、次のことを守って下さいね。

 

  1.  話しかけない 
    ここに座っている方には、話しかけないで下さい。知り合いがいても挨拶不要です。

  2. 本を読む 
    ここでは、読書をしましょう。スマホはやんわり禁止。

  3. 読んだ本を記録する 
    ここで読んだ本を、備え付けのノートに書き留めて下さい。タイトルと著者だけでも結構です。

  4. 本の持ち込みはOK 
    もちろんその場で選んだ本でもOK。

 

アクセス

石蔵ブックカフェの会場は、南さつま市加世田にある老舗のお醤油やさん「丁子屋」さんの石蔵です。

公共の交通機関でお越しの際は、鹿児島交通加世田〜野間池線の「小松原」停留所(徒歩5分)、加世田〜薩南病院線の「大崎三区」停留所(徒歩0分)をご利用ください。

 

お車でお越しの際は、南さつま市役所より国道226号線を笠沙方向に進み、5分ほどで到着します。


駐車場は、向かいの丁子屋本店の他、その横にある顕證寺報恩会館駐車場をご利用ください。

 
場所

【丁子屋 石蔵】

鹿児島県南さつま市

加世田唐仁原6032

【注意!】2019年11月回の会場は「南九州市市民交流センターひまわり館」です。

次回の営業日

2019年11月22-23日(金土)

10:00~17:00

<毎月第4土曜日開催>

お問い合わせ

つばめ文庫

099-281-2729

南薩の田舎暮らし

shop@nansatsu.shop-pro.jp

当日連絡先

090-5767-9768(クボ)

© 2018 by 南薩の田舎暮らし Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now